シミ 改善

MENU

シミの種類と対策

一般的にシミと呼ばれているものには種類があります。

 

 

中にはシミ化粧品が効果を表さないものもあるのです。
美白化粧品を使っているのに一向に改善されないと言う場合には、シミの種類を知らずに化粧品選びをしている可能性があるので、
シミの種類を知り、それにあった対策をすることが必要なのです。

 

 

 

 

シミの中でもっとも一般的なのが老人性色素斑と呼ばれるものです。
紫外線の影響によリ出来るシミで、ほほ骨の一番高いところに出来る場合が多いのが特徴です。
年齢を重ねるごとに濃くなり、また隆起してくることもあります。

 

このシミに対しては初期段階であれば美白化粧品が効果を発揮します。ただし進んでしまった場合には化粧品では消えない為、
レーザー治療を受けなければいけません。

 

 

シミがいぼのように盛り上がて来たものを脂漏性角化症と言います。
皮膚の形が変わってしまっているために、美白化粧品では改善は出来ず、レーザーや液体窒素での治療が必要です。

 

 

ニキビの跡や傷跡が茶色くなって残ったものを炎症性色素沈着と言います。
このタイプには美白化粧品が効果を表します。特にビタミンC誘導体の配合されたものを使用すると良いでしょう。

 

 

女性ホルモンのバランスが崩れて出来るのが肝斑と呼ばれるシミです。
ほほ骨のあたりにもやもやっと左右対称に出来ることが多いシミです
妊娠中や更年期の頃に出来やすいシミです。このタイプのシミにも美白化粧品が有効です。
また肌のターンオーバーを促進するピーリング剤の使用も効果を早くしてくれます。

 

 

どのタイプのシミかを判断して、それぞれに対応を考えましょう。

美白、シミ改善のための紫外線ケア

いつまでも若々しい肌を保つ為には、美白のスキンケアを実践する必要があります。
紫外線を浴びたり、年齢を重ねた肌にはシミやくすみが表れてくるので、老けて見られてしまいます。

 

 

まずは紫外線対策をしっかりと行う事は基本で、美白スキンケアを合わせて行いましょう。
紫外線はすぐにシミにならなくても、隠れシミとして肌に残る可能性があるので、日焼けは厳禁です。
曇りだからと油断せず、日焼け止めを塗ったり、帽子などでガードする事が大切です。

 

 

 

美白のスキンケアの為には、クレンジングも力を入れましょう。
毎日のメイクはしっかり汚れを落としておかないと肌トラブルの原因となります。
洗顔で肌に残っている余分な皮脂やメイクを洗い流し、肌のターンオーバーを促進する事で美肌に繋がります。
すすぎ残しは肌に刺激を与えるので、たっぷりの泡で優しく洗い、ゴシゴシこすらないようにすすぎを行いましょう。

 

 

 

 

年齢を重ねた肌こそ、保湿に気を使い乾燥を防がなくてはなりません。
肌全体のくすみにはハイドロキノン配合の美容液が効果的です。
シミの発生する原因を絶ち、くすみを改善し透明感ある肌に導きます。

 

 

手入れを続ければ肌は答えてくれるので、美白を追求したスキンケア方法を継続して行う事が大切です。

 

 

アウトドアが好きだったので肌が人よりも黒かったのですが、
美白化粧品の効果を期待したことがなかったので、今まで使ったことはありませんでした。

 

しかし、使っていた安い日焼け止めではカサカサとするようになったので、
少し高くて肌に優しいタイプの日焼け止めを購入することになりました。

 

 

そしてたまたま選んだ日焼け止めが美白効果のあるものでした。
新しく買った日焼け止めを使うようになってからは肌が粉吹くことはなくなり、安心して使い続けることが出来ました。

 

 

肌に優しくて、日焼けが予防できればそれでよいと思っていたのですが、いつしか肌が白くなったと言われるようになりました。
アウトドアの回数は減ることがなく、日焼け止め以外はスキンケア品を変えていなかったので、すぐに日焼け止めの効果かもしれないと思うようになりました。

 

 

確かに少し黒いと思っていた肌が、日焼け止めを使うようになってからは色白と思えるほど白くなりました。肌に優しく、肌馴染みも良かったのでリピート購入をしていたのですが、数年後には、色白で羨ましいと様々な人に言われるまでになりました。美白効果のない安い日焼け止めを使っていた時とは明らかに変わりました。

 

 

美白成分は気休めだと思っていたので、本当に美白効果があって驚きました。美白化粧水や美白乳液はあまり効果を感じたことがなかったのですが、使用した日焼け止めは効きやすかったのかもしれません。雪肌精のサンプロテクト エッセンス ミルクを使っているのですが、美白を目指している方にお薦めします。

 

シミ化粧品選びのポイント

美白は女性の願いでもあります。年齢によるシミの悩みは深刻になることもあります。
そんな時に様々な化粧品などを調べてみて、自分に合ったものを探すのはなかなか難しいものです。

 

 

忙しくてカウンターに行く時間がない、なかなかカウンターなどにはお願いすると時間がかかってしまうなど、
様々な原因もあり、化粧品を試すまでに至らないことがあります。

 

 

そういった時に、お勧めのサービスが化粧品会社がウェブサイトでやっている、肌診断です。
簡単な質問形式になっており、様々な回答をすると自分に良い商品をピックアップして紹介してくれます。
特に、美白とシミなどにこだわる方は、各社で美白化粧品の用意もしています。

 

 

美白は夏だけではなく、冬向けのものも開発されています。
冬の反射による紫外線の影響なども、できるだけ避けたいものです。
こんな悩みにも、対応できる商品はいくつもあります。

 

 

 

 

 

 

商品は、価格帯によってだいぶ効果なども違ってくるので、そういったネットなどを最初に活用して、
自分の悩みに合った商品を見つけたところで、実際に店舗のカウンターに行ってさっとサンプルをいただいてくることもできます。
特に、説明が苦手であったり、時間を割くのが惜しい方にとっては、良いサービスであると思います。

 

 

女性の方で美白に憧れているという方は少なくないかと思います。なので美白化粧品を利用したいと思っている方も多いのではないでしょうか。
しかしいざ美白化粧品を購入してみようと思うと、実にたくさんの美白化粧品があってどの美白化粧品にしたら良いのかわからないと悩んでしまうという声もよく聞きます。

 

 

美白化粧品の場合には、値段もリーズナブルなものから高価なものまで様々あります。そして安いから悪いというわけでも、高いから良いというわけでもないのが難しいポイントです。なので美白化粧品を選ぶ際には、値段などで判断をするのではなく、評判で判断する事をおすすめします。

 

 

例えば比較サイトなどを利用すれば、人気順に美白化粧品を紹介されており、様々な商品の特徴を簡単に見比べる事ができとても便利です。その中で気になるものを見つけたら、次に口コミサイトなども参考にすると良いでしょう。

 

 

口コミサイトでしたら実際の使用感などもわかるので、かなり有益な情報になる事は間違いなしでしょう。
これから美白化粧品を利用したいと思っている方は、是非この美白化粧品の選び方を参考にしてみてください。そうすればきっと良い美白化粧品を選ぶ事ができるでしょう。

シミ対策に有効な成分

美白化粧品に含まれる美白有効成分の働きは、シミが出来るメカニズムの中のどこかの段階で、シミが作られるのを抑制することです。
どの段階で美白化粧品を使用するかによって、有効な美白成分は異なります。

 

 

シミが出来る仕組みとは、紫外線を浴びたるとエンドセリンなどの情報伝達物質を分泌します。
エンドセリンなどの情報伝達物質はメラノサイトを刺激します。

 

このエンドセリンがメラノサイトにメラニン色素を作るように指示するのです。この段階で使う美白成分は、情報伝達物質の働きを阻止する成分で、カモミラET、トラネキサム酸が有名です。資生堂のHAKUやエリクシールホワイトなどに含まれています。

 

 

 

 

次に情報伝達物質がメラノサイトに届くとメラニン色素の製造が始まります。
まずチロシンというアミノ酸が作られ、それにチロシナーゼという酵素が働きかけメラニン色素を作ります。

 

 

現在発売されている美白化粧品の多くが、このチロシナーゼの働きを抑止する作用を持つものです
ビタミンC誘導体、アルブチン、コウジ酸などの美白有効成分がチロシナーゼの働きを抑え、シミが出来るのを予防します。

 

 

 

若いうちなら肌のターンオーバーが活発なので、メラニン色素は角質とともに剥がれ落ちていくのですが、
紫外線などのが要因でメラノサイトが過剰にメラニン色素を作り、それが消えずにシミとなって残ってしまいます。
加齢とともにターンオーバーが遅れることもシミの原因になります。

 

 

基本的にはシミ対策は、出来てしまったシミをなくすというより、シミが出来ないようにすることが大切なのです。

 

 

 

出来てしまったシミにはハイドロキノンという美白成分が有名です。
最近ではアンプルールやビーグレンなどのおすすめ美白化粧品に配合されています。

 

 

あまりに濃くなったシミにはレーザー治療などの美容外科での治療が必要になります。

更新履歴